カテゴリー: 「福井県」
21
37 オモリグで攻略!敦賀沖のマイカ
2022.07.01

スタッフ今永航汰が、福井県敦賀沖でシーズン前のマイカ(ケンサキイカ)をオモリグで狙います。
今シーズンはシーズン開始が遅れており、ロケが成功するか際どいところでしたが、カラーと仕掛けの使い分けで順調に数を重ねることに成功!
そろそろ本格的なマイカシーズンに突入しますので、釣行前はぜひこの動画をご覧いただき、イメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

■使用アイテム
・Draw4ストロングポイント
・からまんオモリグリーダー

■撮影協力 福井県敦賀市/豊漁丸様

2022年7月1日に放送された三重テレビ放送『フィッシングマスター』の動画です。

フィッシングマスター 三重テレビ放送 毎週金曜日 23時~23時15分
http://creativeoffice-chie.com/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

51 モンスターマダイを狙うタイラバ術【福井県三国沖】
2022.06.03

スタッフ今永航汰が、福井県三国沖のタイラバゲームで大型マダイを狙います。
チェンジストッパーと今期新発売のチェンジマルチカスタムホールド3本を駆使し、状況に合わせたセッティングで次々とマダイをゲット。
鯛ラバで大鯛を手にしたい方は必見です。

■使用アイテム
・チェンジアップヘッド
・チェンジマルチカスタムホールド3本
・スカートフックリアルスクイッド
・チェンジネクタイカーリー
・スカートフックCSスリムカーリー

■撮影協力 福井県三国/SEA LION(シーライオン)

2022年6月3日に放送された三重テレビ放送『フィッシングマスター』の動画です。

フィッシングマスター 三重テレビ放送 毎週金曜日 23時~23時15分
http://creativeoffice-chie.com/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

323 #472 琵琶湖のプロガイドが拓く新たな可能性〜日本海へ漕ぎ出でる遊魚のセカンドステージ~
2021.12.06

対馬暖流の恵み多き若狭湾。類まれな生態系を誇る湾の最奥部、福井の小浜沖は豊穣を濃密に享受するエリアだ。穏やかな大海原を疾走する一艘のフィッシングボート。舵を握るのは琵琶湖のバスフィッシングガイド杉戸繁伸さん。卓越した釣りの経験値を活かして四半世紀にわたりゲストと感動を共にしてきた。そして今、人生の節目を過ぎ海へ漕ぎ出でる。琵琶湖のバスに精通するプロフィッシングガイドとしての矜持を胸に秘め新たな可能性を追求する。思い描くフィールドデザインに一切の迷いはない。
タックル①
ロッド:ライトアクションロッド 6ft3in
リール:4000番スピニングリール
メインライン:PE 1.5号
リーダー:フロロ 25lb
ジグ:撃投ジグレベル 80g
フック:ジガーライト段差 早掛 2/0

タックル②
ロッド:ミディアムライトロッド 6ft6in
リール:小型両軸リール
メインライン:PE 0.8号
リーダー:フロロ 16lb
ヘッド:チェンジアップヘッド100
フック:スカートフック CS

放送日 2021年6月27日

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

210 タテ釣り(落し込み釣り)で狙う青物【福井県三国沖】
2021.11.26

サビキ仕掛けにエサとなる小魚を掛け、そのままフィッシュイーターに食わせるという独特な釣趣が人気の(タテ釣り)落し込み釣りを、スタッフ今永航汰がご紹介。
釣り方の基本、仕掛けのセレクトについて徹底解説しております。
これを見ればタテ釣りの基本がわかりますので、釣行前にぜひご覧ください。

■使用仕掛
・落し込みサビキ剛華HG5本MIX
・タテ釣り剛サビキ

■ロケ協力
坂井市三国港/神海丸様

2021年11月19日に放送された三重テレビ放送『フィッシングマスター』の動画です。

フィッシングマスター 三重テレビ放送 毎週金曜日 23時~23時15分
http://creativeoffice-chie.com/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

411 福井県九頭竜川後篇【川の流儀 Vol.9】
2021.10.26

福井県の北部を流れる九頭竜川。
その流れは大きく、重く、そしてその流れの中で育った鮎の力強い引きが、多くの鮎釣り人を魅了しています。
その九頭竜川をオーナーばり・ザイトインストラクター髙橋祐次さんが「鈎合わせ、水中糸の選び方」を中心に攻略法を解説します。
鮎釣り初級者はもちろん、ベテランの方にも参考になる解説が盛りだくさんです。
ステップアップを目指す方に最適なオリジナルコンテンツ「川の流儀」シリーズ。
ぜひご覧ください。

■髙橋祐次さんプロフィール
1978年生まれ 京都市在住
オーナーばり・ザイトインストラクター
シモツケインストラクター
報知アユ釣り選手権優勝2回
報知アユ釣り名人8期
ダイワマスターズ鮎優勝1回
泳がせから、激流まであらゆる釣り方をこなす
オールラウンダーとしてトーナメントで活躍

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

514 福井県九頭竜川前篇【川の流儀 Vol.8】
2021.10.25

福井県の北部を流れる九頭竜川。
その流れは大きく、重く、そしてその流れの中で育った鮎の力強い引きが、多くの鮎釣り人を魅了しています。
その九頭竜川をオーナーばり・ザイトインストラクター髙橋祐次さんが「鈎合わせ、水中糸の選び方」を中心に攻略法を解説します。
鮎釣り初級者はもちろん、ベテランの方にも参考になる解説が盛りだくさんです。
ステップアップを目指す方に最適なオリジナルコンテンツ「川の流儀」シリーズ。
ぜひご覧ください。

■髙橋祐次さんプロフィール
1978年生まれ 京都市在住
オーナーばり・ザイトインストラクター
シモツケインストラクター
報知アユ釣り選手権優勝2回
報知アユ釣り名人8期
ダイワマスターズ鮎優勝1回
泳がせから、激流まであらゆる釣り方をこなす
オールラウンダーとしてトーナメントで活躍

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

389 オモリグの肝! カラーローテーションでマイカ爆釣!
2021.08.03

オーナーばりスタッフ今永航汰が、福井県若狭湾のオモリグ釣法でマイカ(ケンサキイカ)を狙いました。
オモリグのキモはカラーローテーション。
アタリが無くなれば即カラーチェンジを繰り返すことにより、渋い状況を打破しヒットに持ち込みました。
オモリグのカラーチェンジ解説は釣果アップにつながりますので、ぜひご覧ください。

■使用アイテム
・からまんオモリグリーダー各種
・Draw4 ストロングポイント

■取材協力
福井県敦賀市/泰丸III アクションズ様

2021年7月31日に放送された『ルアー合衆国プラス』の動画です※一部カットしております。

ルアー合衆国プラス 三重テレビ放送 毎週土曜日 22時45分~23時00分放送 http://lure-us-plus.com/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

261 敦賀沖オモリグ一本勝負!竿頭を獲るためのテクニック【TSURINEWS webマガジン記事連動】
2021.07.03

福井県敦賀沖で、スタッフ今永航汰がオモリグでケンサキイカ(マイカ)を狙います。
当日は状況に応じた仕掛けの使い分け、カラーローテが功を奏し、見事竿頭をゲット。
この模様はwebマガジン「TSURINEWS」にも掲載されておりますので、そちらも併せてご覧いただければ幸いです。

■記事:『オモリグ』一本勝負で若狭湾マイカ攻略 竿頭の仕掛けの鉄則とは?
https://tsurinews.jp/166903/

■取材協力:敦賀市色ヶ浜/豊漁丸渡船様

■使用アイテム
Draw4 ストロングポイント
からまんオモリグリーダー シングル70~100cm

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

471 【日本海タイラバ】W凄腕船長直伝!ドテラ流しで挑む、ディープタイラバ攻略術 vol.1 ドテラ流し基本解説編
2021.06.11

全国各地で大人気のタイラバゲーム。

海域によってタックル、操作、狙い方など様々。

ガンガン当たるときもあれば、渋~い時も。

今回は日本海タイラバ。

ドテラ流しで広範囲にマダイを探り、釣るための答えを見つけていきます。

福井県三国・鷹巣沖を知り尽くされている遊漁船【シーライオン】水口信之 船長と【みの浦丸】山田康弘 船長にお世話になり同地のタイラバゲームを丁寧に解説いただきました。

1日の釣りの中で風潮の変化、ベイトパターンなど様々な状況下においてマッチさせていく熟練の技は必見、さらに両船長の実釣を交えての解説トークは超貴重、超注目です。

ぜひご覧ください。

1:15 水口船長セレクション
2:40 山田船長セレクション
3:55 狙っていくうえでの注意点について
4:40 巻上げ量について
5:00 巻きスピードについて
5:30 ドテラ流しで注意する点鯛ラバの見せ方について
6:15 ドテラ流しとバーチカルの違い
6:50 ドテラ流しで注意する点 鯛ラバの見せ方
7:30 ラインの入射角について
8:05 ウェイトの選び方について
8:48 ポイントの地質 地形について
9:03 ベイトフィッシュについて
9:36 タックルについて
10:31 潮で船を流しているのか
10:55 回収のタイミングについて
11:25 巻上げ意識について
12:40 魚探で反応が有るポイントに絞り込めるのか
13:40 ユニット交換のタイミングについて
15:00 潮流は何ノットあれば良い状況なのか
15:23 トリプルHIT!?
17:05 レンコダイが釣れるとマダイに期待できる
18:25 レンコが釣れたからと言って巻きスピードは変えなくて良いのか?
18:55 パターン情報の集め方について
19:38 ドラグ設定について
20:22 アワせ方について
20:48 山チューンについて
21:45 スタッフ赤沼HIT
22:45 福井 三国・鷹巣沖の魅力について