カテゴリー: 「シーバス」
13
155 #510 紀伊の水辺にシーバスを求めて〜アングラーを魅了する流麗なるフォルム〜
2022.09.26

悠久の時を刻む和歌山市の海辺には山間の養分がたっぷり注がれる。豊富なベイトを育む汽水域の夕暮れに回遊してくる大型のスズキを狙う。キャスティングで挑むのは紀伊半島をホームに幅広く釣りを嗜む山本典史さん。レバーブレーキリールを使ったシーバスゲームのパイオニアとして、超のつく大物を求め釣行を重ねてきた。とりわけ、ヒラスズキは最も心惹かれるターゲット。薄暮に染まる水辺に立ち込み、刹那のバイトを待つ。季節の移ろいを肌に感じ積み重ねた経験値を基に難敵に迫りゆく。

放送日 2022年3月27日

タックル
ロッド:シーバス用ロッド ML 9ft
リール:中型スピニングリール(レバーブレーキ付き)
メインライン:PE 0.8号/リーダー:フロロ 20lb
ルアー:スピンテール/フローティングミノー/シンキングペンシル ほか
フック:STX-38ZN #8/STX-45ZN #10ほか
ブレード:マスクドスピン L

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

158 【投げ釣り】置き竿でのんびりスズキ・チヌ狙い 三重県 宮川河口
2022.09.07

オーナーばりフィールドテスターの奥野太郎さんとフィッシング遊 松阪店の川原田俊紀さんがスズキ、チヌを狙います。

開始早々、奥野さんのリールからドラグが鳴り響きます。大きく合わせると強烈な引きが!見事、チヌを釣り上げました。一方、川原田さんには細かなアタリが頻繁に出だす。しかし、すぐにはアワせず、大きなアタリを待つことに。

すると穂先が激しく動きだし、慎重に合わせて釣り上げると、なんとこの時期うれしい天然ウナギ。

その後も、アタリは続き、良型のチヌも釣れ大満足の一日となりました。

半夜で楽しめる投げ釣り。ぜひ、ご覧ください!

【使用アイテム】
・鬼ヤンハッカスプレー
・ぶっ込みスズキ・セイゴ
・セイゴフロート
・赤セイゴ2本
・最強UVライト

テレビ愛知 毎週土曜日 朝7時00分~7時30分放送 https://tv-aichi.co.jp/fishing-lover/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

149 #503 真冬の東京湾華やぐライトジギング〜釣りが彩る充実のライフスタイル〜
2022.08.01

遊漁船ひしめく東京湾。身を切る寒さも忘れ、ライトタックルを駆使して釣りに没頭する。プレジャーボートからロッドを煽りメタルジグに命を吹き込む。多種多様なターゲットに順応する釣りの自在性を伝えてくれるのは千葉県市川市に暮らす白井亜実さん。大都会の街作りを担う不動産業に携わりながら週末は海や川に出て魚と戯れる。ライターとして、その魅力をSNSやメディアで発信してきた。色鮮やかなジグが冬の東京湾を華やかに彩る。太刀魚、サワラに…シーバス。煌めく旬の魚に心沸き立つ。

■タックル
ロッド:SLJ用ロッド 7ft3in
リール:小型スピニングリール
メインライン:PE 1号
リーダー:フロロ 5号
ジグ:撃投ジグエアロ 80g ほか
フック:太刀フック3本バーブレス 16号 ほか

放送日 2022年2月6日

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

367 #487 童心に帰る鳥取のライトルアーゲーム〜郷土の自然に遊ぶ束の間の休息~
2022.03.28

山々の養分が沁み出た川と日本海の海水が交わる鳥取の汽水域。多様な生態系を育む滋養溢れる河口域には豊富なエサを求めて海からフィッシュイーターが入ってくる。大物も期待できるポイントでルアーを駆使し誘うのは倉吉市に住まう岸信直彦さん。25年前に関西から帰郷し山陰の豊かな自然と寄り添い暮らす心優しき男だ。その原点は無垢に魚と遊んだ少年時代に遡る。生まれ育った郷土の水辺にスズキの幼魚セイゴと愛しのナマズを追う。齢重ねど感動は色褪せず。童心に帰り魚と戯れる。

タックル①
ロッド:汎用スピニングロッド UL 5ft9in
リール:小型スピニングリール
メインライン:マイクロゲームPEハイライト 0.15号
リーダー:ザイト・磯フロロ 1号
スナップ:剛力スナップ #1
ルアー:ペンシルベイト 10cm
フック:STX-38ZN #4

タックル②
ロッド:ベイトキャスティングロッド M 6ft2in
リール:小型両軸リール
メインライン:PE 3号
リーダー:フロロ 40lb
スナップ:剛力スナップ #1
ルアー:ノイジー系トップウォータープラグ
フック:ST-47TN #4

タックル③
ロッド:トップウォーター用ロッド M 6ft
リール:小型両軸リール
メインライン:ナイロン 16lb
スナップ:剛力スナップ #1
ルアー:ノイジー系トップウォータープラグ
フック:ST-47TN #2

タックル④
ロッド:ショアキャスティング用汎用ロッド M 7ft4in
リール:小型スピニングリール
メインライン:PE 1.2号
リーダー:ナイロン 23.5lb
スナップ:剛力スナップ #1
ルアー:ペンシルベイト 10cm
フック:STX-38ZN #4

放送日 2021年10月17日
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

383 ウェーディングシーバスの魅力・東京湾内房
2022.02.15

東京湾では12月から2月はスズキ(シーバス)の産卵期。
体力をつけるために荒食いをするランカーシーバスと呼ばれる80センチを超える大型魚が狙えます。
今回は満月(大潮)。
月光のもと、ルアーカラーとフックにこだわるカルティバフィールドテスターの浅川和治さんが、この釣りの基本を解説しながらウェーディングシーバスの魅力と核心に迫ります。

■使用アイテム
STX-45ZN

2021年2月12日に放送されたTOKYO MX『Do! Fishing 明日は釣り日和』の動画です。

Do!Fishing 毎週土曜日 8:30~8:45放送※第3土曜日は放送休止 https://s.mxtv.jp/variety/do_fishing/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

2,107 #384 津軽の汽水域に狙う孤高のシーバス~技を尽くす本州北端のルアーゲーム~
2020.03.16

青森県、津軽半島。十三本の流入河川の真水と日本海の海水が入り混じる十三湖。
ヤマトシジミが獲れる遠浅の汽水域で湖の生態系の頂点に立つ魚シーバスを狙う。
このルアーフィッシングの好敵手と対峙するのは、ベテラン辺見哲也さん。
得意とするミノーイングで、世界のフィールドを渡り歩き記憶に残る魚を釣ってきた。

津軽の汽水域に狙う孤高のシーバス。
一筋縄ではいかない相手との息詰まる攻防の先に、望外の釣果が待っていた。

放送日 2019年9月22日

■タックル
ロッド:シーバスロッド 9ft10in
リール:4000番クラス MHG スピニングリール
メインライン:PE 1.2号
リーダー:フロロ 25lb
スナップ:クイックスナップ #1
ルアー:フローティングミノー ほか
フック:STX-45ZN #4

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

2,923 トップからディープまで痛快!博多湾のボートシーバス
2017.12.22

2017年12/9に放送されたルアーパラダイス九州TVの動画です。
福岡県博多湾のボートシーバスを、ヨシダ釣具店 新宮店に勤務する小柳智史さんと、小柳さんの学生時代からの釣り仲間である金堀友司朗さんが攻略します。

ルアーパラダイス九州TV TVQ九州放送 毎週土曜日 朝5時30分~6時放送
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp
オーナームービー http://ownertv.jp/
ルアーパラダイス九州オンライン http://lurepara.tsuribito.co.jp/

2,225 #179 大都会の水辺で待つバイトの瞬間~こだわりのルアーでシーバスゲーム~
2017.10.30

多摩川。首都圏を流れる川でありながら、今もなお自然が残る都会のオアシス。
生態系は驚くほど豊かで、棲息する魚も多種多様。
釣りのターゲットとなるゲームフィッシュも数多い。なかでもシーバスは人気の的。
海と川を行き来する変幻自在なファイター。その強烈な引きを味わいたくて、この水辺にやって来る釣り人は後を絶たない。
安井(やすい)稔(みのる)さんも、その一人。独自の目線でルアーフィッシングを分析し、シーバスの
攻略に情熱を燃やす。
思い立ったら、いつでもキャストが出来るよう、多摩川の近くに居を構えている。
数は要らない。狙い通りの釣りができれば、それでいい。

大都会の水辺で待つバイトの瞬間。
求めるのは釣果だけではない…納得のプロセスで釣りができるかどうかだ。

放送日 2014年11月29日

○タックル
ロッド:7ft Mシーバスロッド
リール:中型ベイトリール(1984年製)
メインライン:PE-3号/ナイロンショックリーダー 40lb
ルアー:トップウォーター
フック:STX-58

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

4,359 #177 ヒラスズキの日本記録を追え!~黒潮の恵み豊かな紀伊の海~
2017.10.30

波もなく穏やかな秋の沖磯。南紀勝浦は黒潮の影響を色濃く受ける豊饒の海だ。
大小数多の磯に、潮が複雑に入り組む、この近海は好釣り場として知られる。
海釣りの聖地で狙うのはヒラスズキ。強烈なバイトの衝撃とパワーだけでなく、
エラ洗いやジャンプも繰り出す磯のファイターだ。
ターゲットが潜むのは波が砕けて泡立つサラシの下。
波が打ち寄せる磯で釣りに興じるのは、山本(やまもと)典史(のりふみ)さん。潮の動きを巧みに読み、
釣りに反映する実力派アングラーだ。
JGFA/ジャパンゲームフィッシュ協会の記録ホルダーである彼のこだわりは、
魚のサイズ。

少しでも大きく、少しでも重く。目指すは日本記録を超えるヒラスズキ。紀伊の海でレコードホルダーの釣りを堪能しよう。

放送日 2014年11月8日

○タックル①
ロッド:9ft MHシーバスロッド
リール:中型スピニングリール(レバーブレーキ)
メインライン:PE-0.6号/リーダー:ザイト・磯フロロ5号
ルアー:フローティングミノー
フック:ST‐46 #5

○タックル②
ロッド:11~12ft MHシーバスロッド
メインライン:PE-0.8号/リーダー:フロロ6号
ルアー:フローティングミノー
フック:STX-58 #4

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/