カテゴリー: 「ショア青物」
45
180 リベンジ編 【 撃投 × 佐渡島 】
2022.11.16

●すでに配信済みのvol4の「擊投×佐渡島」編では、ヒラマサのバイトを得られず、本来の佐渡島のポテンシャルを引き出すことができませんでした。
それはスタッフにとって、お世話になってきた過去の佐渡島への思いとして、ある種の申し訳ない感情が残ったままでいました。

「このままでは、アカンなぁ、、」と、撮影スタッフの思いとして、年内にもう一度佐渡島へ行こうと決め、vol4収録からひと月後の11月上旬、再び佐渡へ釣行。

●天候の都合で地磯をランガンする時間が長くなります。しかしそれはまさにこの釣り、ショア青物の原点。
なにぶん全島が地磯ポイントといっていい地形の佐渡島のこと、達成感に満ちた旅となりました。

●釣りは、それそのものが人生に寄り添う旅のようなものですから、釣れても釣れなくても楽しいものです。

けれど、船からではなくショアに拘ってきた私たちにとって、それは「投げきった達成感」が伴ってこそ。

そうしてはじめて旅として成就されるということを再認識できた佐渡島再訪でした。

 

●釣れても、釣れなくても釣りは旅。

撃投トレイルはノウハウ紹介等も特にございませんが、なんとなく楽しんでいただけたら嬉しく思います。

撃投の旅はまだまだ続きます。
ご視聴ありがとうございます。

撃投サイト http://www.gekito.com/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

142 【予告編】 撃投トレイル TRIP5 佐渡島再訪
2022.11.10

●すでに配信済みのvol4の「擊投×佐渡島」編では、本来の佐渡島のポテンシャルを引き出すことができない映像とななりました。
それはスタッフにとって、お世話になってきた過去の佐渡島に対して、ある種の申し訳ない感情が残ったままでいました。

「このままでは、アカンなぁ、、」と、撮影スタッフの思いとして、年内にもう一度佐渡島へ行こうと決め、vol4収録からひと月後の11月上旬、再び佐渡へ釣行。

●天候の都合で地磯をランガンする時間も長かったですが、それはまさにこの釣り、ショア青物の原点。
なにぶん全島が地磯ポイントといっていい地形の佐渡島のこと、達成感に満ちた旅となりました。

●釣りは、それそのものが人生にとって旅のようなものですから、釣れても釣れなくても楽しいものです。

けれど、船からではなくショアに拘ってきた私たちにとって、それは「投げきった達成感」が伴ってこそ。
そうしてはじめて旅として成就されるということを再認識できた佐渡島再訪でした。

本編編集を急ぎますので、お楽しみにお待ち下さい。擊投の旅はまだまだ続きます。

撃投サイト http://www.gekito.com/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

100 【淡路島】沼島の沖磯でショアジギング
2022.11.10

好シーズンの淡路島・沼島の磯から、カルティバフィールドテスターの赤木光広とオーナーばりスタッフの一森良太が青物を狙います。

一森はメタルジグメイン、赤木はプラグメインで狙っていると、、足元までブリのチェイスが…!

※2022年11月5日に放送されたテレビ大阪『ガッ釣り関西』の動画です※一部カットしております。

■撮影協力 川口渡船様

■使用アイテム
・撃投ジグ各種
・ファイアツイン
・ボディープロテクターcool
・ロッドプロテクター2
・ゲームグローブ

ガッ釣り関西 テレビ大阪 毎週土曜日 6時20分~6時50分放送 https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/gattsuri/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

184 【 撃投 × 佐渡島 】
2022.10.28

●擊投トレイルvol4となる今回のトリップは9月下旬の佐渡島。

●いつもどおりの擊投トリップで、立案・実釣・撮影・構成・編集・監修をすべて、オーナーばり社内の動画素人チームで制作しているシリーズです。

●クリエイターとしては素人とはいえ、トリップを重ねるごとにすこしづつ新しい試みを取り入れながらやっております。
今回は、会話シーンの文字起こしを多めに取り入れてみました。視聴者の皆様はどのようにお感じになったでしょうか?

●今回のvol4も「ありのままを素直に表現したい」という一点だけは基本路線として踏襲しつつ、なかなか釣果の伴わないショア青物の世界感を共有したいという思いをもちながら配信させていただきます。

●釣れても釣れなくて、この釣りは記憶に強く残ることが多いですね。

今後も、地味に地道に、配信を継続していきたいと感じています。

●前述のように、素人スタッフの手作りです。見苦しいところ、映像として完遂されていないところ、多々あるかと思いますがご容赦くださいますように。
今回もご覧くださり有難うございます。

 

撃投サイト http://www.gekito.com/
OWNERMOVIE 
http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

114 【予告編】 撃投トレイル TRIP4 撃投 × 佐渡島
2022.10.24

「釣りは旅」ととらえてのトリップ映像、「擊投トレイル」

実釣、撮影、構成、編集、そのすべてをスタッフで行っております。

vol4となる今回は大型ヒラマサ屈指の実績を誇る新潟県佐渡島。

佐度はスタッフ吉成、西浦ともかつて自己最大サイズに恵まれてきた懐かしの地。

近日本編公開となります。

撃投サイト:https://www.gekito.com/

269 【製品紹介】撃投ロッドプロテクターAIR
2022.08.17

NO.8985 撃投ロッドプロテクターAIR
の紹介動画です。

製品ページ https://www.owner.co.jp/products/30169/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/

289 【目指せ沖磯デビュー】但馬スタイル解説
2022.07.22

撃投テスター三浦雅和とオーナーばりスタッフの一森良太が、兵庫県、但馬の沖磯に渡ってヒラマサを狙います。
今回は渡船利用時の注意点、ロックショアジギングに必要な装備、ジグ操作などをご紹介。
これから沖磯デビューを検討している方は、是非ご覧ください。

※2022年7月16日に放送されたテレビ大阪『ガッ釣り関西』の動画です※一部カットしております。

■使用アイテム
・撃投ジグ各種
・投次郎
・ジガーミディアムロック
・ロッドプロテクター2
・ゲームグローブ

■撮影協力 浜坂渡船様

ガッ釣り関西 テレビ大阪 毎週土曜日 6時20分~6時50分放送 https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/gattsuri/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

397 【乗船から釣り方まで】隠岐の島ショアジギング入門
2022.07.02

オーナーばりスタッフの西浦伸至と一森良太が、島根県隠岐島のショアジギングを解説します。
隠岐の磯のショアジギングといえば、七類港から出船する大型渡船を利用する方が多いですので、今回はその乗下船方法やマナーをはじめ、基本的な隠岐でのジグ操作や推奨フックなどをご説明。
まだ隠岐へ釣行したことがない方は、この動画を見てぜひ一度チャレンジしてください。

※2022年7月2日に放送されたRCC中国放送『フィッシングトリップ』の動画です※一部カットしております。

■使用アイテム
・撃投ジグ
・ジガーミディアムロック
・ロッドプロテクター2
・ゲームグローブ

■撮影協力 島根県隠岐郡海士町/渡船・遊漁浜吉丸様

フィッシングトリップ RCC中国放送 毎週土曜日 5時00分~5時30分放送 https://fishingtrip.jp/
OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

314 【 撃投 × 上五島 】
2022.04.28

【 撃投 × 上五島 】

●撃投トレイル第三弾は長崎県上五島エリア。
渡船は丸銀釣りセンター様にお世話になり収録しました。

●春の上五島は大型のヒラマサが狙える好機ですが、いざ釣りをスタートするとマイクロベイトに翻弄される展開に。検証のため西浦が投入した小型ルアーには即座にアタリが出ますが、タックルをマイクロベイトに寄せてしまうと、突然やってくる大型ヒラマサのバイトには対応しかねるのが悩ましいところ。

●2日を通じて唯一のヒラマサらしきバイトは、突然吉成のレイドバックに。

●バイトと同時の根ズレは運良く外れたものの手前にも沖にも急加速。ドラグ7キロを軽々と引き出し吉成を翻弄。
残念ながら馬の瀬を回避できず一瞬にしてリーダーブレイク。

●後日、吉成は「バイト直後の根ズレで糸が傷んだ不安あって勝負できんかった、、正直コレは無理やなって諦めたん覚えてるわ。キモチで負けた」と苦笑混じりにコメント。

●しばらくしてから潮に変化があり、ベイトも確認。
やがてやって来たのは青物のラッシュタイム。西浦にヒットした良型の鰤をスタートの合図に、ダブルヒットも含め、青物の食いがたつのは心地良いシーン。

★今回のトレイルも

「 釣りは旅 」

拙い映像ですが、皆様と共有させていただけたなら幸せです。

※立案から監修まで、すべてを素人の撃投スタッフでやっております。

※一部音声や映像のダウンなど、お見苦しい箇所も御座いますが、ご容赦頂けたらありがたく思います。

撃投サイト
http://www.gekito.com/

取材協力
丸銀釣りセンター様
http://www.marugin.jp/

担当者より