カテゴリー: 「その他」
150 #150 【PART1】神の彩色、黄金に輝くマシールを求めて~無垢なる魚の楽園ネパール・バーディア~
2017.10.30

舞台はネパールの西部、日本からおよそ5000キロの彼方にあるバーディア。そこは国に守られた原生林が生い茂る生き物たちの楽園だ。
手つかずの自然に身を置き、釣りに興じているのは沖山(おきやま)朝(あさ)俊(とし)さん。
未開の地に夢を馳せるサラリーマンアングラー。
バイタリティ溢れる行動力で、憧れの魚を追い詰めていく。

ネパールを訪れるのは、これで二度目。二年ぶりの釣行となる。
お目当ては、金色の鱗を持つ神の魚・ゴールデンマシール。
前回、手にしたのはジャスト1メートルのサイズだった。
ヒマラヤの雪溶け水が流れ込む春は、大物が狙える時期。目指すは1メートル50センチだ。
穢れなき秘境の川で、黄金の輝きを放つ魚・マシールを探り当てる。
ゴールドラッシュとなるか。

放送日 2014年3月22日

○タックル
ロッド:6.7ft MH
リール:小型スピニングリール
メインライン:PE0.8号
リーダー:フロロ20bl 1m
ルアー:スピナー&スプーン
フック:STX-58

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

316 #138 海外に夢を求めたアングラー達
2017.10.30

「異郷の地で憧れの魚に会いたい」。
かつては夢物語と思われていた海外釣行だが、近年、交通機関の発達により実現しやすい時代となった。
夢釣行でも世界の各地に棲む魚に情熱を傾け、日本を飛び出した多くのアングラーの様子をお届けしてきた。
そこで今年一年の締めくくりとして今回は、2013年に放送された海外にビッグゲームを求めたアングラー達の軌跡を振り返る。名手達が逞しい魚達を相手に真っ向勝負を挑むエキサイティングなシーンをお楽しみください。

放送日 2013年12月28日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

477 #136 【PART2】南米の秘境ガイアナ釣行 ピラルクーに会いたくて ~珍魚フリークの心に残るコレクション~
2017.10.30

熱帯雨林のジャングルを縫うように流れるガイアナ共和国エセキボリバーは、
総延長1000キロを誇る南米大陸有数の大河だ。
野生の川は無垢な魚たちの楽園。珍しい種類も多い。
そのなかには太古の姿を残す古代魚、生態系の頂点に君臨するピラルクーがいる。
初日。ガイアナ釣行の珍魚コレクションに五種類の魚を登録。

そして、憧れの古代魚ピラルクーが潜むラグーンへ。
世界最大の淡水魚に会うことは叶うのか。
秘境を舞台に、スペシャルステージの幕があがる。
○タックル①
ロッド:キャスティングロッド  5.6f H
リール:中型両軸リール
ライン:PE5号
ワイヤーリーダー#38
フック:OC泳がせ 30号
○タックル②
ロッド:キャスティングロッド 8.6f H
リール:中型スピニングリール
ライン:PE 8号
リーダー:200lb. 5m ワイヤーリーダー:#35
フック:OC泳がせ 30号

放送日 2013年12月14日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

361 #135 【PART1】南米の秘境ガイアナ釣行 ピラルクーに会いたくて ~珍魚フリークの心に残るコレクション~
2017.10.30

鬱蒼(うっそう)とした密林地帯。水を掻く小舟の音以外、何も耳に届かない。人智が及ばぬ秘境の水辺。
息を潜めて水面を見つめる釣り人。そこには理由がある。
河の支配者は静寂の中にしか姿を見せない。

釣りの舞台は南米大陸を流れる大河、エセキボリバーの奥地。
狙うは世界最大の淡水魚ピラルクー。成魚は3メートルを優に超えるという。この猛魚との遭遇は叶うのか?

<使用タックル>
ロッド:キャスティングロッド 5.6ft H
リール:中型スピニングリール
ライン: PE8号
リーダー:200lb 5m/ワイヤーリーダー#35
ハリ:泳がせ30号

放送日 2013年12月7日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

296 #117 【後編】魅惑のボルネオ島 秘境釣行を楽しむ
2017.10.30

世界各国の秘境を巡る怪魚ハンター・鵜山和洋さんが、インドネシア・ボルネオ島に挑む後編。今回は渓流に移動し、コイ科のハンパラとマシールという魚を狙う。気合い十分の鵜山さんだったが、予期せぬ大雨が降る悪条件でのスタート。濁りが強い本流は諦め、水の色が良い支流をメインに釣りを展開する。順調にターゲットを手にしていくが、こだわるのは魚のサイズ。そして最終日、濁りが和らいだ本流に望みを託した鵜山さんの前にビックフィッシュが姿を現す!

<使用タックル>
ロッド:ベイトロッド6フィート4インチ
リール: 小型ベイトリール ハイギアタイプ
ライン:PE4号
リーダー: ナイロン50ポンド
フック:シングルフック61 3/0

325 #116 【前編】魅惑のボルネオ島 秘境釣行を楽しむ
2017.10.30

熱帯の密林に無数の生き物がひしめくインドネシア共和国。中でもボルネオ島の内陸部は交通の不便さもあり、まだまだ自然に囲まれた未開の地が広がっている。そんな立ち入ることが困難な秘境に足を運ぶのは、年間10回以上、海外で釣りをしている鵜山和洋さん。辺境の水辺に棲む魚に魅了された鵜山さんが、ボルネオ島の逞しいネイティブフィッシュに出会う旅を2週にわたってお送りします。今回は東南アジアで人気のゲームフィッシュ、ジャイアントスネークヘッドをはじめ、様々な魚種との出会いを果たす。
<使用タックル>
ロッド:ベイトロッド5フィート8インチ
リール: 小型ベイトリール ハイギアタイプ
ライン:PE3号
リーダー: ナイロン40ポンド
フック:トレーラーフックSBT67 1/0(スピナーベイト)
:シングル75 2/0(スピナー)

放送日 2013年7月13日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

354 #094 【PART2】秘境に棲む優艶な魚たちを求め アマゾン釣行記
2017.10.30

アマゾンの釣行ツアー見聞録 第2弾。参加者の中でスポットを当てるのは、前回に引き続き、熱帯に棲む魚を愛し、釣りを趣味にもつ山中聖さん。今回、山中さんはピーコックバスのサイズアップを目指します。目標は20ポンド以上。時には釣り場へ行く途中、倒木が行く手を阻むという秘境ならではのアクシデントに見舞われながらも、憧れの巨大魚を求めキャストを続ける。はたして、アマゾン川は山中さんに微笑んでくれるだろうか?ジャングルでの釣りの魅力を存分にご紹介します。

<使用タックル1>
ロッド:ジギングロッド6フィート
リール:小型ベイトリール
ライン:PE 80lb
リーダー:ナイロン 80lb
フック:スティンガートリプルエクストラ STX-58#2~1/0

<使用タックル2>
ロッド:バスロッド5.7フィート
リール:中型ベイトリール
ライン:PE 40lb
リーダー:ナイロン 80lb
フック:スティンガートリプルエクストラ STX-58#2~1/0

放送日2013年1月7日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

339 #093 【PART1】秘境に棲む優艶な魚たちを求め アマゾン釣行記
2017.10.30

広大な熱帯雨林が広がるブラジル連邦共和国。秘境アマゾンも一昔前と比べ、随分アクセスしやすくなり、密林の水辺に棲む憧れの魚たちに出会える環境が整ってきた。今回はアマゾンの釣行ツアーに密着。参加者の一人、山中聖さんは熱帯に生息する魚に魅せられ、アマゾン6度目の訪問。釣りが趣味という域を超えた入れ込みよう。山中さんの釣りを通して、多様な魚種とのゲーム、そして生命に満ち溢れるジャングルの魅力を2週にわたりお伝えします。

<使用タックル1>
ロッド:バスロッド6.3フィート
リール:小型ベイトリール
ライン:PE 40lb
リーダー:ナイロン 80lb
フック:スティンガートリプルエクストラ58 #2~1/0

<使用タックル2>
ロッド:バスロッド5.7フィート
リール:小型ベイトリール
ライン:PE 40lb
リーダー:ナイロン 80lb
フック:スティンガートリプルエクストラ58 #2~1/0

放送日2013年1月7日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

246 #092 2012年 夢の釣りを振り返る 総集編
2017.10.30

2012年も釣りの夢を追いかけてきた、一魚一会の旅。そこにはターゲットの種類や大きさ、フィールドやアングラーの情熱など一言では括ることの出来ない様々な物語があり、尽きることのない想いがあった。数々の印象深い放送の中から選りすぐりの場面をピックアップして振り返る2012年総集編。釣り人の数だけ夢がある。

放送日2012年12月31日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/