カテゴリー: 「渓流」
21
123
217 雪残る渓流でヤマメを追う「関東釣りレポートvol.7」
2020.03.24

雪残る解禁直後の渓流でオーナーばりインストラクターの井上聡さんがヤマメを狙います。
解禁当初まだまだ活性の低いヤマメをタフワイヤー+マジックフッ素の強くて鋭い「忍ヤマメ」を使用して攻略します。

■使用アイテム
忍ヤマメ http://www.owner.co.jp/search/18255/

■取材地…長野県湯川

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

721 #371 渓谷に春を呼ぶ麗しきアマゴ~釣り師の情熱に温む冷流~
2019.10.15

芽吹きを待つ木々から覗くのは、山深き甲斐国を流れる釜瀬川。

冷涼なる流れの住人は、鮭の仲間である渓流魚。
アマゴはサツキマスの陸封型。その艶やかな姿は釣り師を魅了してやまない。
延べ竿を携え、解禁まもない渓流に足を踏み入れたのは名手、井上聡さん。

目線の先にあるのは、飽くことのない渓流釣りの深淵。
麗しきアマゴが春を呼ぶ。心沸き立つ季節がやってきた。
冷流も温む釣り師の情熱が、渓谷にゆっくりと沁みていく。

放送日 2019年4月21日

タックル①
竿:渓流ズーム竿 4.9m~5.3m
天井糸:0.8号誘導式(自作)
水中糸:ザイト・渓流フロロ 0.15~0.2号
目印:あみ込み目印 スリム/ワイド
オモリ:5号~1号(ガン玉)
ハリ:忍ヤマメ 4号/5号

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

4,034 #321 管理釣り場に煌めく鱒の銀鱗~渓流解禁を待つ源流釣り師の腕慣らし~
2018.07.02

自然の渓流を模した栃木県那須塩原の管理釣り場は、解禁を待つ釣り人たちを癒してくれる。一年を通じて愛しいヤマメやニジマスに会えるフィールド。流れに糸を垂らせば、人工の水辺だということも忘れてしまう面白さ。

2月中旬。雪化粧のカンツリに足を運んだのは茨城県に住まう上谷泰久さん。
久慈で和風レストランを営む料理人は、源流釣行のスペシャリストとして知られている。仕事の合間には、自宅の裏山へ入りトレイルランニングで足腰を鍛える本格派。

春の渓流解禁を待てない源流釣り師の腕慣らし。
那須塩原の管理釣り場で鱒と戯れる。水は冷たいが魚たちは元気いっぱいだ。
放送日 2018年3月3日

タックル①
竿:溪流竿 6m
エサ:ブドウ虫・イクラ
仕掛け:管釣マス玉ウキ 6号

タックル②
竿:溪流ズーム 5.5m 6.0m
道糸:ザイト・渓流 0.3号
目印:プロ目印
オモリ:ガン玉 4号
ハリ:カッパ極スーパーライト 5号
OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

2,108 #002 陽春のいざない 渓流の山女魚を求めて
2017.12.07

全国の渓流師達が待ちに待った渓流解禁からはや1ヶ月。陽春の兆しを見せる3月下旬のヤマメ釣りに興じる。
岐阜県で民宿を営みながら、山に入って害獣駆除の猟師いわゆる「またぎ」をする天野勝利さん。地元の河川では解禁から1ヶ月たっても「寒の戻り」が激しく、ほとんどのエリアにおいて低水温で釣りにならない様な状況だという。そこで今回天野さんは、九州は宮崎県の五ヶ瀬川を訪れた。日差しは暖かく、河川の状態も悪くない中、初日から尺上のヤマメに出会う。

<使用タックル>
竿:MJB メインストリーム山女魚 鋼 75-80TG
水中糸:0.3号
ハリス:0.2号
ガン玉:1号~B
ハリ:カッパマタギ6号

放送日 2011年4月11日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

2,709 #282 渓流解禁 早春の伊豆に躍るアマゴ~本流大物師の原点を見る~
2017.10.30

深山に響く清水のせせらぎが春を告げる。西伊豆の渓谷を洗う那賀川。
瀬音に釣り師の心が躍る。
この時期、川沿いは早咲きの河津桜で彩られる。華やかな渓流シーズンの幕開けだ。

ターゲットはアマゴ。サツキマスの陸封型で、パーマークに朱点を散りばめた、可憐な容姿を持つヤマメの亜種。
解禁間もない西伊豆の渓流で、宝石のような魚と戯れるのは、井上聡さん。
長尺の延べ竿を手に大魚と対峙する本流大物師として、「スポーツとして楽しむエサ釣り」を提唱している。

待ちわびた解禁。早春の伊豆へ繰り出し、アマゴを狙う。
渓流は大物釣り師、井上さんの原点。
初めて釣った、眩い1ばかりに輝く渓流魚への感動は、今も色褪せない。

 

放送日 2017年4月15日
タックル①
竿:H5.7-6.1
通し仕掛け:ザイト渓流0.3号  5.5m
目印 :あみ込み目印ワイド
オモリ:ガン玉1号/B
ハリ:カッパ極 4号/5号

タックル②
竿:H85-90
天井糸:ザイト:白の道糸 0.6号 2m
水中糸 :ザイト・渓流 0.3~0.4号 7m
目印:あみ込み目印ワイド
針:本流クイン 6号

1,426 #253 【PART2】伝統釣法テンカラで挑むアメリカントラウト~絶景イースタンシエラを川の名人が釣る~
2017.10.30

カリフォルニア州にあって、寒冷な空気に満ちたイースタンシエラ。4000メートル級の山々が連なるシエラネバダ山脈の東側に広がる大地だ。
山肌に降り積もった雪の滴りが川の源。連綿と続く水の循環が荒野に潤いを与える。
その冷涼な流れは…
美しいトラウトの住処。類まれなる大自然が、アメリカンワイルドを育くんでいる。

イースタンシエラのフィールドに、和の釣りで臨むのは、天野勝利さん。御年72。川釣り文化の継承に力を注ぐ重鎮だ。
伝統の毛ばり釣り。テンカラのタックルを携えて、この地に乗り込んだ。
拘りは、羽の向きを反対に巻いた逆さ毛ばり。水中を舞うように漂わせ、鱒を誘う。

伝統釣法テンカラで挑むアメリカントラウト。癒しの絶景イースタンシエラを川の名人が釣る。いぶし銀の釣技が冴えわたる。
タックル
竿:テンカラ専用3.8m (6・4調子)
ライン:より糸4m
ハリス:ザイト渓流フロロ 0.8号 (矢引)
毛ばり:逆さ毛ばり
ハリ:渓流 8号/桑原テンカラ ダウン

放送日 2016年8月13日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

1,789 #252 【PART1】伝統釣法テンカラで挑むアメリカントラウト~絶景イースタンシエラを川の名人が釣る~
2017.10.30

スペイン語で、雪を冠した山の意味を持つシエラネバダ山脈。
イースタンシエラは、カリフォルニア州にあって、寒冷な空気に満たされた
特別な場所だ。
大地を削る川の源は、山の雪解け水。長い年月、地下でろ過された、
冷涼な水が、トラウトを育んできた。

アメリカの清流に日本式の釣りで臨むのは、天野勝利さん。
御年72。川釣り文化の継承に力を注いできた。
実績は、お上のお墨付き。
2015年、農林水産省から『川の名人』に認定されている。
そんな天野さんが、もっとも得意とする釣りはテンカラ。
リールを使わない日本古来の繊細な毛ばり釣りだ。
自慢の逆さ毛バリは、異国の水辺でも通用するのだろうか。

伝統釣法テンカラで挑むアメリカントラウト。
癒しの絶景イースタンシエラで名人の妙技が冴えわたる。
タックル
竿:テンカラ専用3.8m (6・4調子)
ライン:より糸4.5m
ハリス:ザイト渓流フロロ 0.8号 (矢引)
毛ばり:逆さ毛ばり
ハリ:本流テンカラ 6号

放送日 2016年8月6日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

1,726 #240 渓流解禁 早春の銀鱗に心ときめく~奥飛騨・安曇野 湯けむり旅情~
2017.10.30

薄らと雪化粧した奥飛騨の山間。
3月上旬。渓谷を流れる空気はまだ冷たいが、春はすぐそこだ。
穂高岳に端を発する蒲(がま)田川(たがわ)は、荒ぶる流れ、神通川水系の一級河川。
この川に棲むのは冷涼な水に育まれ、宝石のように輝く鱒の仲間、ヤマメとイワナ。
解禁の声を聴き、愛しの魚たちに会いにやって来たのは、本流大物師、井上(いのうえ)聡(さとし)さん。
エサ釣りをゲームとして楽しむスポーツベイトの提唱者だ。

温泉地を流れる蒲田川は、地熱が高いため、寒い時期でも渓流魚の活性が望める。
待ちわびた解禁。冷水に磨かれた魚たちが出迎えてくれた。
釣り師の心と体を癒す、湯けむり旅情。早春の銀鱗に心ときめく。

タックル①
竿:6.1m M渓流竿
天井糸:ザイト白の道糸 0.8号
水中糸:ザイト渓流フロロ 0.3号
エサ:カワムシ
ハリ:本流クイン 5号

タックル②
竿:90-95ズーム本流竿 H
道糸:ザイト渓流サーモンスペシャル2.0号
エサ:筋子の塩漬け
ハリ:本流キング10号

放送日 2016年4月2日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

1,832 #219 紅の美鱒が告げる豊潤の秋~成熟を味わう十和田湖のヒメマス釣り~
2017.10.30

十和田(とわだ)八幡(はちまん)平(たい)国立公園。カルデラの湖を抱く自然の森が、秋を深めていく。
10月。湖畔の木々が色づき始めると十和田湖周辺の冷え込みも厳しくなっていく。
誰よりも、この時期を待ちわびていたのは釣り人。
美しい鱒に出会えるシーズンの到来だ。
普段は湖の深い場所にいるヒメマスは、産卵を控えたこの時期、流れ込む川の周りに
集まってくる。
サイズに似合わぬ引きの強いターゲット、成熟したヒメマスをノベザオで狙う。
この釣りの面白さを紹介してくれるのは…細山(ほそやま)長司(ちょうじ)さん。
云わずと知れた本流釣りの第一人者だが、釣りの幅は広く、ワカサギからキングサーモンまで及ぶ。その懐は深い。
紅(くれない)の美鱒が告げる豊潤の秋。冬を前にして十和田湖の自然は美しい輝きを放つ。
至福の時。心行くまでヒメマスと戯れる。

○タックル
竿:8m渓流竿
道糸:ザイト・ナイロン1.5号
エサ:イカ短
ハリ:サクラマススペシャル 9号・10号

放送日 2015年10月31日

※オーナー・ザイトインストラクター・細山長司さんは、2017年7月5日にお亡くなりになられました。在りし日のご活躍を偲びつつ、安らかなお眠りをお祈りいたします。

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/