カテゴリー: 「エギング」
42
29 #242 赤系モンスターのX-Dayふたたび~月夜の南紀に現われる巨大アオリイカ~
2017.10.30

起伏に富んだ岩場が連なる南紀すさみの海岸。この一帯は、アオリイカの好フィールドとして、広く知られている。
中でも、大潮の月夜、この海に出没する3キロ超えの大物アオリイカ「赤系モンスター」は、ミステリアスなターゲットだ。

難波のエギンガー・岡隆之さんを中心とした仲間で、この怪物に挑んだのは、二年前。
良型のアオリイカには出会えたものの…目指すモンスターは現われなかった。
雪辱を期すべく、リベンジマッチに挑むのは、笠松(かさまつ)仁(ひとし)さん。
地元和歌山の地の利を生かし、モンスターを何度か仕留めている。
迫りくる赤系モンスターのXデー。
執念のシャクリで月夜の南紀に巨大アオリイカを誘い出す。

タックル
ロッド:8ft M エギングロッド
リール:小型スピニングリール
メインライン:PE-0.5号
リーダー:フロロ 2.5号
エギ:Draw4 3号~3.5号/Draw4 モンスター ザ ライド

放送日 2016年4月23日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

17 #222 【PART2】若きエギンガーが想いを馳せるニュージーランドの海~絆を求めて渡った自然の楽園~
2017.10.30

柔らかな日差しに包まれた青い海。南半球の島国ニュージーランドに春がやってきた。
この時期を待ち詫びていたのは…釣り人たち。ターゲットは海水温が上がり始め、活性が高まるアオリイカだ。勿論、この国でも日本と同様に、エギングが楽しめる。
ニュージーランドに特別な思いを抱き、この海に生息するアオリイカに会いに来たのは、大阪市在住のアングラー…。岡隆之(おかたかゆき)さん。自らをシャクリストと称し、セオリーに囚われない釣りを信条にしている。和歌山の海を舞台に活躍しているエギング界のホープだ。

異国のフィールドに、感性のシャクリで挑む。
若きエギンガーが想いを馳せるニュージーランドの海。
絆を求めて渡った自然の楽園は、優しく抱擁してくれた。

○タックル
ロッド:7.1ftミディアムエギングロッド
ライン:PE 0.6号
リーダー:フロロ2.5号
スナップ:耐力エギスナップ S/M
エギ:Draw 4 3号・3.5号・4号

放送日 2015年11月21日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

22 #221 【PART1】若きエギンガーが想いを馳せるニュージーランドの海~絆を求めて渡った自然の楽園~
2017.10.30

南半球、ニュージーランドの季節は日本と真逆。北島、
オークランドの海は、春の陽気に包まれている。
海水温が上がり始めるこの時期は、アオリイカのシーズン…。となれば、エギングが楽しめるのは、日本と同じ。

遠い異国の大地に特別な思いを抱き、この海に生息するアオリイカに会いに来たのは、大阪市在住のアングラー…岡隆之さん。自らをシャクリストと称し、セオリーに囚われない釣りが信条。和歌山の海を舞台に活躍するエギング界のホープだ。

岡さんにとってニュージーランドでの釣りは初めて。どんな魚に出会えるのだろうか?
若きエギンガーが想いを馳せる異国の海。経験と閃きを信じて無心にしゃくる。
豊かな海が応えてくれないはずがない。
○タックル①
ロッド:7.1ftミディアムエギングロッド
ライン:PE 0.6号
リーダー:フロロ2.5号
スナップ:耐力エギスナップ S/M
エギ:Draw 4 3号

〇タックル②
ロッド:8ftライトアジングロッド
リール:小型スピニングリール
ライン:PE 0.3号
リーダー:フロロ0.8号
アジネクトン 2.6inch/アジ弾丸1-1.5g

放送日 2015年11月14日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

31 #198 南紀の磯を楽しむエギング釣行~魚種豊かな黒潮の海に遊ぶ~
2017.10.30

紀伊半島の南西部。黒潮の恩恵溢れる南紀の磯は、釣り人の夢を大きく育む。
この海域は、とにかく魚種が豊富。一年を通してターゲットには事欠かないが、
春はエギンガーが躍動する季節だ。
豊饒のフィールドに鳴り響くジャークの音。ロッドを煽る青年は小川(おがわ)裕介(ゆうすけ)さん。
エギングやソルトルアーに留まらず、磯のフカセ釣りなどもこなす
マルチなアングラー。
狙うのは甲長50センチを超えるアオリイカ。ファイトは抜群。
ゲーム性の高いターゲットだ。

本州の最南端・南紀の磯をとことん楽しむ。若きエギンガーが過ごす
豊かな黒潮の海での3日間を共にしよう。

○タックル
ロッド:7.2ft Hクラス エギングロッド
リール:中型スピニングリール
メインライン:PE 0.8号
リーダー:ザイト・磯フロロ 3号
エギ:Draw4 3.0号/3.5号

放送日 2015年4月25日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

26 #149 【PART2】赤系モンスターのX-Day~南紀の潮と月が誘う巨大アオリイカ~
2017.10.30

温暖な気候で知られる和歌山県の南紀。生き物に優しい海には、季節を問わずたくさんの魚がやって来る。
真冬の凍てつく風も和らぐこの地に、春を待ち切れない釣り人が招き寄せられる。
この釣りパラダイスでアオリイカを狙うのは、岡隆之(おかたかゆき)さん。
南紀をホームにする浪速のアングラーだ。
海水温がまだ低いこの時期、大型のイカはほとんど期待出来ないと云われているが…。
黒潮の接岸と満月が重なればXデーが訪れるという。
それも3キロオーバーのビッグサイズ。エギンガーたちが敬意を込めて赤系モンスターと呼ぶ超大物だ。
黒潮と満月のパワーは南紀の海に潜む巨大なアオリイカに届くのか。
Xデーの条件は整った。

放送日 2014年3月15日

21 #148 【PART1】赤系モンスターのX-Day~南紀の潮と月が誘う巨大アオリイカ~
2017.10.30

本州の最南端に位置する和歌山県南紀(なんき)潮(しおの)岬(みさき)。
水温が低いこの時期、大物は期待出来ないと云われているが、
暖かい黒潮の接岸と満月が重なれば、ビッグサイズが現れるという。

釣行で狙うのは、エギンガーたちが赤系モンスターと呼ぶ3キロオーバーのアオリイカ。舞台は、大型アオリイカの聖地として名高い南紀の海。
この時期、二つの条件が重なるときに現れるという超大物がターゲットだ。
エギンガーが期待を込めてX(えっくす)デーと呼ぶ、その日は来るのか。
闘いの行方を見届けよう。

放送日 2014年3月8日

○タックル
ロッド:7.10ft エギングロッド
リール:小型スピニングリール
メインライン:PE0.6号
リーダー:フロロ3号 2m
エギ:Draw4

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

17 #139 【PART1】真鯛と半世紀の時を過ごした巨匠~ニュージーランド初釣行~
2017.10.30

沖釣りを語る上で、忘れてはならない人物、永井裕策。
コマセカゴに独自の工夫を加え、世に広めた大海原のカリスマだ。
永井さんの代名詞とも云えるマダイ釣り。そのスタイルはストイックで実直。
沖釣りの伝道師が向かったのは、ニュージーランドの海。
齢68にして初めて訪れるフィールドだ。
目指すは10キロオーバーのマダイ。果たして、その願いは叶うのか?
3週にわたる名人のニュージーランド釣行記。
1週目はグレートバリア島でアオリイカに挑む。

○タックル
ロッド:2M?2.5Mエギ用ロッド
リール:小型スピニングリール
道糸:PE 1号
エギ:カルティバDraw4 2.5~3.5号

放送日 2014年1月4日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

23 #111 アオリイカの楽園!長崎県壱岐のエギング
2017.10.30

スタイリッシュで気軽に楽しめる釣りとして、現在人気沸騰中の釣りが『エギング』だ。狙うのは、引きも強く食味も抜群のアオリイカ。
このターゲットを求めて、関西のエギンガー岡さんと、友人の湯田さんが玄界灘に浮かぶ釣りの楽園「壱岐」を目指した。70を超える港を持つ島で、魅力的な堤防も多い。
岡さんの友人で壱岐で旅館を営む友人とともに壱岐を釣り尽くす!
離島サイズと言われる良型のアオリイカを求めての釣行が始まる。

<使用タックル>
ロッド:8.3ftミディアムクラスエギングロッド
リール:中型スピニングリール
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロカーボン2.5号
エギ:Draw4 3.5号、3.5号(プロトタイプ)

放送日 2013年6月8日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

14 #085 紀伊半島 三重県南部 黒潮が育んだ秋のアオリイカを追う
2017.10.30

三重県 南部地域。この周辺は黒潮の影響で多様な生態系を育み、手軽なターゲットとして、アオリイカを楽しむ釣り人も多い。
今回、この地に乗り込んだのは、関西を中心に釣行を重ねる岡隆之さん。秋はサイズより数釣りと言われるが、釣り前日までの台風の影響で波はウネリが残り、厳しい状況。はたして、気鋭のエギンガーはどのようにして釣果を上げていくのだろうか。
<使用タックル>
ロッド:エギングロッド8ft
リール:スピニングリールC3000番
ライン:PE 0.6号
リーダー:フロロカーボン2.5号
エギ:Draw4 2.5~3.5号
Draw4 2.5~3.5号ディープタイプ(プロトタイプ)

2012年11月12日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/