カテゴリー: 「北海道」
19
123
885 北海道松前沖 黒鮪【北日本トレイルvol.2】
2020.09.30

北海道・東北の釣りを魅せるオーナームービーオリジナルコンテンツ「北日本トレイル」の動画です。
今回はここ数年多くの釣り人を魅了してやまない北海道松前沖のクロマグロキャスティングゲームをご紹介いたします。
■協力
遊漁船ロブスター様

■使用アイテム
STX-68

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

240 #409 道南に春を告げるサクラマス~北のサーフを熱くする煌めく銀鱗~
2020.09.07

北海道、日本海に面した檜山郡江差町。かつてニシン漁で栄え、「江差の五月は江戸にもない」と謳われた豊穣なる北の漁場は、冬から春にかけてサクラマス漁が最盛期を迎える。産卵を控えて沖合に集まるサクラマスを求めて、釣り師たちの情熱も沸点に…
凍てつく寒さも忘れサーフに立つのは吉尾尚之さん。ショアからの緻密なキャスティングゲームを構築するアングラーだ。

この時期の海サクラ釣りは道産子にとって、かけがえのないもの。道南の海岸線に春を告げる煌めく銀鱗は、ひとひらの桜の如き…儚く…そして穢れない。

タックル
ロッド:本流ルアーロッド H 10ft
リール:4000番クラス中型スピニングリール
メインライン:PE 1.2号
リーダー:フロロ 20lb
ジグ:撃投ジグエアロ 30g撃投ジグ 40gほか
フック:ジグミノー段差フック #2/スイミング段差フック早掛 #1

放送日 2020年3月15日

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

1,332 #380 北の海を騒がせる青物の鼓動~短い夏を彩る道南ショアゲーム~
2020.02.06

絶景のブルースポットとして名高い日本海に面した北海道南西部の海岸線。
潮の流れと地形に恵まれた北の海は近年、大型の回遊魚が狙えるフィールドとして注目を集めている。
豊穣なる磯に立ち、ショアゲームに挑むのは、札幌に居を構える千葉栄治さん。
道南の海に精通するスペシャリストだ。
ショアからの釣りに並々ならぬ情熱を注ぐアクティブなアングラーが、岸寄りするブリを、多彩なテクニックで誘い出す。

磯釣りの新天地として、熱を帯びる北海道の短い夏…
ナブラ立つ海に青物と対峙する。気配は濃厚。
道南のショアゲームは計り知れない魅力に満ち溢れている。

放送日 2019年8月4日

タックル①
ロッド:ライトショアジギングロッド 11ft
リール:6000番スピニングリール
メインライン:PE 2号
リーダー:ナイロン 40lb
ルアー:ポッパー 130mm
スプリットリングハイパーワイヤー #7
フック:STX-58 #1

タックル②
ロッド:ショアジギングロッド 10ft
リール:8000番スピニングリール
ライン:PE 3号
リーダー:ナイロン 70lb
ルアー:撃投ジグ 85g
スプリットリングハイパーワイヤー #7
フック:ジガーミディアム ロックアシスト 5/0

OWNERMOVIE http://ownertv.jp/
オーナーばりwebsite http://www.owner.co.jp

4,333 #306 函館の海に舞うタイラバの煌めき~道南 恵山が育む魚の楽園~
2018.03.05

北海道、函館山から見遙かす渡島(おしま)半島の山並み。
中央に聳えるのは活火山『恵山』。
今も噴煙を上げる荒ぶる山が見下ろす海は、地形と潮流に恵まれた豊かな漁場。
多様な魚たちが暮らす北の楽園だ。
釣り舞台としての底知れぬポテンシャルを紹介してくれるのは、道南北斗市のフィッシングショップ・インパクトに勤める野田侑史さん。
ソルトルアーを駆使し北海の豊穣を堪能する。
舞い煌めくタイラバに…海中の魚たちが色めき立つ。

タックル①
ロッド :ライトアクションタイラバロッド 6.7ft
リール 小型ベイトリール
メインライン :PE 0.8号
リーダー :フロロカーボン16lb
ヘッド:チェンジアップヘッド
フック:スカートフックCSチェンジアップ交換鈎
ワームキーパー:鯛ラバスプリング

タックル②
ロッド :ミディアムライトアクションタイラバロッド 6.7ft
リール :中型ベイトリール
メインライン :PE 1号
リーダー :フロロカーボン20lb
ヘッド:チェンジアップヘッド
フック:スカートフックCSチェンジアップ交換鈎
ワームキーパー:鯛ラバスプリング

放送日 2017年11月18日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

3,887 #305 悠久の輝きを放つミヤベイワナ~然別湖が紡ぐ銀鱗浪漫~
2018.02.26

色づき始めた木々に包まれて神秘的な輝きを放つ山上の水辺、然別湖。
吸い込まれそうなディープブルーが北海道の短い秋に彩りを添える。
大雪山国立公園において、ただ一つの天然湖。
ここには、独自の進化を遂げた魚が棲息している。
ミヤベイワナ。然別湖にしかいないオショロコマの亜種。ブルー、グリーン、ブラウンの体色を持つ3タイプが存在する湖の宝石だ。

トレジャーハントに挑むのは旭川市に暮らす作家、神谷悠山さん。
道内の内水面における釣りのスペシャリストとして知られている。
碧き水面に求める唯一無二の輝き。然別湖が生んだ奇跡の魚、ミヤベイワナの銀鱗は、悠久への浪漫を駆り立てる。
タックル①
ロッド:トラウトロッド 7.6ft
リール:小型スピニングリール2500番
ライン:ナイロン 6lb
ルアー:スプーン 12g
フック:SBL-51 #4

タックル②
ロッド:トラウトロッド 8.3ft
リール:小型スピニングリール 2500番
ライン:ナイロン 6lb
ルアー:スプーン 12g
フック:SBL-51 #6

2017年11月11日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

1,913 #216 北海道の川を遡る自然の恵み~サケとアメマスが伝える釣り人の秋~
2017.10.30

北海道南西部の内浦(うちうら)湾(わん)、通称、噴火(ふんか)湾(わん)にサケが帰ってきた。
海岸線には、多くの釣り人が立ち並んでいる。
その光景は北の海を彩る秋の風物詩。待ちわびた季節の到来だ。
外洋で大きく育ち、生まれた川に戻るシロザケの群れ。秋の味覚としてお馴染みの魚だが、サケは釣り味抜群のファイターでもある。
遡上魚の釣りが熱を帯びるシーズン。道産子(どさんこ)アングラーはロッドを手にして、
一斉に狂想曲を奏でる。
その一人…旭川市在住の作家、神谷(かみや)悠山(ゆうさん)さん。サケの引きを味わいたくて、
荒波が打ち寄せる浜辺でキャストを繰り返す。
サケと共に川へ帰ってくるアメマスにも出会いたい。海と川の釣り物語。
北海道の川を遡る自然の恵み。故郷を目指す銀鱗に寄せる釣り人の想いは熱い。
北の大地に秋が訪れた。
○タックル①
ロッド:8.3ft サーモン対応ロッド
リール:中型スピニングリール
メインライン:撃投PEフラッシュ2号
ルアー:サケ用スプーン 40g
ハリ:S-61 3/0

〇タックル②
ロッド:6.2ft トラウトロッド
リール:小型スピニングリール
メインライン:ナイロン 6lb
ルアー:ミノー5㎝ほか
フック:ST-11 #12ほか

放送日 2015年10月10日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

2,061 #215 青物ニューフロンティアで楽しむショアゲーム~北海道の新たなるターゲット・ブリ~
2017.10.30

その昔、ニシン漁で賑わった北海道の南部、檜山(ひやま)地方の海岸線。
かつての喧騒は水平線の彼方へと消えたが、豊かな宝の海であることに変わりはない。
寄せては返す日本海の荒波の下には、今も多くの魚が棲息している。
はるばる姫路から道南の海を目指し海峡を渡ったのは、本林将彦(もとばやしまさひこ)さん。
45年の釣り歴を誇るショアのレジェンド。
狙うのは、最近北海道でもブームになりつつあるブリ。
スピードとパワーを兼ね備えたショアゲームの好敵手。
これまで北の海ではほとんど実績が無かったが、近年、道南を中心に回遊が見られるという。
可能性は無限大。青物のニューフロンティアで楽しむショアゲーム。
北海道の新たなるターゲット・ブリの魅力に迫る。

○タックル
ロッド:10ft H ショアジギングロッド
リール:大型スピニングリール
メインライン:PE-4号
リーダー:ナイロン 80lb
ルアー:ペンシル&ポッパー
ハリ:STX-58

放送日 2015年10月3日

OWNER MOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばりウェブサイト
http://www.owner.co.jp/

1,388 #165 【PART2】雄大な自然とふれ合う渓流行脚~生命が輝く初夏の北海道~
2017.10.30

新緑が大地を彩る北海道の初夏。澄み渡る川はピュアなトラウトが棲息する渓流釣り
天国だ。北国の生き物が最も輝きを放つ季節。
憧れ続けてきたフイールドに立てた喜びは、計り知れないものがある。
無垢な魚との出会いに胸をときめかせるアングラーは高橋(たかはし)雄(ゆう)一郎(いちろう)さん。
アウトドアショップに勤務する群馬県在住の青年だ。
関東のトラウトで経験を積んできただけあって、現地の釣りにも、すぐに慣れた。
釣行はイワナフリークなら誰もが夢見るオショロコマを求めて、石狩川の源流域へ。
北海道の雄大な自然とふれ合う渓流行脚後編。舞台は川の宝石・オショロコマの棲家だ。穢れなき水辺の物語を堪能しよう。

放送日 2014年7月19日

○タックル①
ロッド:5.2inchライトアクション
リール:小型スピニングリール
メインライン:ナイロン4lb
ルアー:アイフィッシュ50S シンキング 他
フック:スティンガートリプルST-11 #12 他

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/

1,745 #164 【PART1】雄大な自然とふれ合う渓流行脚~生命が輝く初夏の北海道~
2017.10.30

初夏の陽差しに輝く北都『旭川市』。北日本第2位の人口を有する北海道の中核都市だ。
街の名に川を持つこの地は、日本有数の大河、『石狩川』の治水と共に発展してきた。
川は生活に欠かせない大切な資源。その源は亜寒帯の自然が色濃く残る聖地。
大雪山国立公園にある。
高山(こうざん)の滴(しずく)が、神々の遊ぶ庭、『カムイミンタラ』と呼ばれる大地を潤す水となるのだ。その穢れなき流れの最上流部に、北海道だけに棲息する神秘的な魚がいる。
オショロコマ。川の宝石と呼ばれる美しいドリーバーデンの亜種でイワナの仲間だ。

アングラーは、このオショロコマに憧れ、北海道のフィールドに立つことを長年夢見てきた青年、『高橋雄一郎さん』
群馬県高崎市のアウトドアショップで働く生粋のイワナフリークだ。
新緑が北の大地を彩る季節。川はピュアなトラウトが棲む楽園。
生きとし生けるものが輝きを放つ北海道の初夏に雄大な自然と触れ合う渓流行脚を堪能する。

○タックル①
ロッド:8.2inchライトアクション
リール:小型スピニングリール
メインライン:PE0.8号
リーダー:ショックリーダー8lb
ルアー:MIU 5g/アイフィッシュ70S
フック:スティンガートリプルST-36BC #10

○タックル②
ロッド:5.2inchライトアクション
メインライン:ナイロン4lb
ルアー:アイフィッシュ50S シンキング
フック:スティンガートリプルST-11 #14

放送日 2014年7月12日

OWNERMOVIE
http://ownertv.jp/

オーナーばり公式サイト
http://www.owner.co.jp/